50代からの化粧品がある|若々しい肌に生まれ変われる

エラスチンの働きとは

基礎化粧品

コラーゲンだけでは不足

肌の真皮層にはコラーゲンが存在しています。コラーゲンが不足すると肌のハリが低下してくるため、コラーゲンはアンチエイジング化粧品の成分として非常に重要な位置を占めています。しかし、ここでひとつ気をつけなければならないことがあります。アンチエイジングのためにコラーゲンを配合した化粧品だけを使っても、効果が今ひとつ見られないことがあり得るのです。それはなぜかというと、コラーゲンを組織として結びつけるためにエラスチンという成分も必要だからです。エラスチンもコラーゲンと同じように肌に生来存在していますが、やはり年齢とともに減少する傾向があります。そのため、コラーゲンだけでなくエラスチンも配合されたアンチエイジング化粧品を使用すると効果的です。

肌からも直接補う

肌の保湿機能を司っている成分にはコラーゲンとエラスチンに加えてヒアルロン酸もあります。このため、アンチエイジング化粧品を選ぶときにははじめからコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が配合されたものを選べば効率よくアンチエイジング対策を行うことができます。エラスチン自体はサプリメントでも摂取することができます。しかしコラーゲンやヒアルロン酸と同じように、サプリメントや食品から経口摂取した場合は全身のいろいろなところに使われることになります。そのため必ずしも顔の肌のアンチエイジング対策としては十分ではありません。したがって、サプリで摂る場合でも化粧品も併用した方がより効果の高いアンチエイジング対策となります。